スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


公明・遠山氏が繰り上げ当選 神崎元代表辞職で(産経新聞)

 中央選挙管理会は8日午前、公明党の神崎武法元代表の衆院議員辞職に伴い、昨年夏の衆院選で同党の比例代表九州ブロックで次点だった前参院議員、遠山清彦氏の繰り上げ当選を決めた。これに伴う衆院の新たな勢力分野は次の通り。

 民主・無所属クラブ310▽自民・改革クラブ118▽公明21▽共産9▽社民・市民連合7▽みんなの党5▽国民新3▽国益と国民の生活を守る会3▽無所属4

【関連記事】
神崎元公明代表、議員辞職
公明・神崎元代表が最後の質問 4月1日に引退表明へ
自民がネクスト・ジャパン新設 中堅・若手を起用
平沼・与謝野新党に各党は冷ややかな反応
鳩山内閣支持33%に続落 不支持は初の過半数

<フィギュア>村上佳菜子選手が高校入学式(毎日新聞)
参院選公約「財源優先を」=民主研究会で相次ぐ(時事通信)
薬物犯罪の最高刑、アジア16か国で「死刑」(読売新聞)
SIMロック解除は広がるのか 携帯電話(レスポンス)
「キャバクラなら客になる」女子少年院でセクハラの教官処分(産経新聞)

度重なる議事中断、緊張感漂った日医会長選 −ドキュメント(医療介護CBニュース)

 ふたを開けてみれば、代議員の4割近くの得票で勝利した原中氏。だが、他の有力候補も100票超を獲得。日医の分裂も懸念されており、新体制では「反」原中陣営との協調が重要になりそうだ。
4月1日の会長選はピリピリとした緊張感が漂っていた。大阪府医師会から出席した予備代議員の投票を巡り、何度も議事が滞る場面がみられた。
 日医会長選を追った。

午前7:30ごろから 日医会館内で原中氏が
             最後のあいさつ
   8:30ごろ    同会館内で森氏も最後の
             あいさつ
   9:00過ぎまで 日医会館入口で、原中、森両
             陣営が代議員にビラを配布し
             ながら支持訴える
   9:30代議員会が開会
            ・暫定の議長が出席代議員数  
             を公表
             357人(欠席ゼロ)
            ・新議長を選出
     9:40石川育成・新議長があいさつ
      「各候補ともキャビネット選挙をしないと言ってきた。オールジャパンの執
      行部になる。開かれた、公明正大な日本医師会の第一歩になる」と表明    
      <一時休会>
   10:00議事再開
      ・議長が選挙の実施と投票方法について説明・一部の代議員が                
       大阪府の予備代議員の投票に異議唱える
   10:30議事一時中断
   10:40議事再開
      ・議長が予備代議員は投票できないと説明し、同予備代議員に
      退席求める
      ・これに対し、他の大阪府の代議員が再考を要請
   10:45議事が再び中断
   10:50議事再開
      ・議長が予備代議員を「欠員」扱いにすることを出席代議員に確認
      ・議長があらためて出席代議員数356人、欠員1人と修正
      ・投票のために議場を閉鎖
   11:00投票開始
   11:40投票結果発表
       投票総数356票(有効投票数356票)
       金丸昌弘氏   0票
       唐澤祥人氏  107票
       森洋一氏   118票
       原中勝征氏  131票
      ・議長が原中氏を当選人に決定すると宣言
 当選直後、記者団に囲まれた原中氏は、対立候補と票が割れたことについて、「一番票が多かった私が責任を持つ。日医が分裂してはいけない」と強調した。


【関連記事】
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利
副会長は中川、横倉、羽生田の3氏ー日医役員改選
「全員参加、情報発信力ある日医に」―唐澤氏
日医会長選、3候補が岡山で政策演説会

送り主とのトラブルなし 日本医師会あて鉢植え発火(産経新聞)
<築地市場>移転予算を都議会委が可決…本会議で成立へ(毎日新聞)
<蘭越母子殺傷>被告が控訴 無期懲役判決に不服(毎日新聞)
70代独居女性、7病院に受け入れ拒否され死亡(読売新聞)
民主が2次公認候補…小沢氏主導2人区に反発も(読売新聞)

【法廷から】親らしい姿、最後までなく 2歳長男虐待死(産経新聞)

 ■「夫の暴力怖くて…」責任なすり合い

 「バカの餌が終わった」「バカがうるさくて口をふさいだ」。菅野理香被告が夫に送ったメールだ。「バカ」とは長男のこと。検察側は法廷で菅野被告と夫が長男にした「仕打ち」をつまびらかにした。

 長男の知能を確認するため、たばこの吸い殻を食べるかどうか試した。虐待の影響で2歳半の長男は身長約84センチ、体重約10キロと1歳半ほどの体格しかなかった。長男はゴミ箱に両膝を曲げ、太ももが腹に押しつけられた状態で詰め込まれた。ゴミ箱は気温約4度のベランダに1時間以上も放置された。寒空なのに、長袖Tシャツと長袖シャツ、紙おむつだけの姿だった。

 検察側は夫と菅野被告の公判でそれぞれ、責任の重さを追及したが、2人の言い分は平行線。自分勝手な責任のなすり合いは醜く、長男への愛情や死なせてしまったことへの真摯(しんし)な反省など、みじんも感じられなかった。

 夫は捜査段階の調書で、「妻が大好きで、子供より妻のことを考えていた」と述べ、菅野被告の意向を酌んで虐待に走ったと釈明した。一方、菅野被告は「夫の暴力が怖くて虐待を止められなかった」「長男に愛情があるのは自分だけ」と声高に語った。しかし、逮捕までの半年間、墓参りにさえ行っていなかった。

 最終意見陳述でも菅野被告は「長男とずっと一緒にいたかった」「どうして長男が死ななければいけなかったのか」と述べたが、むなしく響くばかりだった。

 子供を持ちたいと願っても、授からない親も大勢いる。2人は刑事被告人としては裁きの場に立った。しかし、「子供を死なせた」という起訴内容を認めながら、最後まで親としての姿を見せることはなかった。亡くなった長男を思うと、やりきれない。(福田涼太郎)

【関連記事】
2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした」
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」
夫婦で主張食い違う 2歳長男虐待死、母親公判
2歳長男虐待死公判、なぜ長男だけ標的…夫婦仲悪い時の子に愛情注げず
2歳長男虐待死、妻の初公判 生々しい検察と弁護側の応酬

<強盗容疑>万引きし外へ、呼び止められ暴行 小学教諭逮捕(毎日新聞)
水俣病訴訟和解も… 全面解決なお遠く(産経新聞)
「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)
<立松和平さん>生と死「丁寧に」新人絵本作家の長女(毎日新聞)
<キャンパスアンケート>9割の学生が就職活動に不安(毎日新聞)

中井国家公安委員長、国会で危機管理の追及受けてもなぜか上機嫌(スポーツ報知)

 「ハマグリの変」が、ついに国会論戦にも本格波及した。「週刊新潮」に交際女性との“路上キス”とみられる写真が掲載された中井洽国家公安委員長(67)が29日、参院災害対策特別委員会に出席。“ヒゲの隊長”こと自民党の佐藤正久参院議員(49)から、防災担当相としての危機管理体制などについて厳しく追及された。

 「ハマグリ」の異名を持つ中井氏が“例の件”で約40分間、グリグリと突き上げられた。佐藤氏はチリ地震翌日の2月28日、日本中が津波に備えた日の「首相動静」に中井氏の名前がないと指摘。「午前8時半、官邸に対策室が立ち上がっていた。どこにいたのか?」と尋ねた。

 すると中井氏は「(赤坂)宿舎で待機していた。場合によってはすぐ現地へ飛ぶかもしれないので、一応2日ほど泊まってもいい用意をして待っていた」。午前中は家にいたとあっさり認めた。

 中井氏が官邸に行き、鳩山由紀夫首相(63)と会ったのは午後1時前後という。佐藤氏は「肝心の大臣が指揮所にいないのはおかしい」と詰め寄ると、中井氏は「マニュアルは自民党時代に作られた」とアッサリ。佐藤氏は「あの日は朝からみんな必死だった。どんだけの対応が必要だったか。ここまで追及するつもりはなかったのに!」と声を荒らげた。

 福島県沖で地震が起きた今月14日に週刊誌で「ホワイトデーデート」の様子も報じられたことにも「それほどおしかりをいただくことか? まぁ、反省もいたしておりますが」。津波警報が出た中で行われた東京マラソン開催の判断には疑問を呈していた中井氏も、自分の行動には「問題なし」の判断のようだ。

 妙に血色のいい顔で、どっかとイスに腰を下ろしていた中井氏。やたら上機嫌で各党議員の質疑に大きくうなずいたり、身ぶり手ぶりを交えて話し、時には「ガハッ」と豪快な笑い声も上げた。別の野党議員が週刊誌報道に触れた際は、水をガブ飲みしてナゾの“どや顔”だった。

 さらには津波当日「政務官が『仙台へ飛びたい』と言って中部国際空港で待機」した上、上京は「2時半頃」だったことや、副大臣が官邸に来たのが「11時過ぎ」だったことを、なぜか次々“暴露”した。

 佐藤氏は「つまり(8時半時点で)誰もいなかった!?」と憤慨。質問後に取材に応じ「津波の日の朝、宿舎に誰といたのかを聞かなかったのは武士の情けです。あの方は全然(精神的に)こたえていない。むしろ元気で顔もテカテカだった」とあきれた様子だった。

 【関連記事】
中井氏、週刊新潮に反論「路上でキスは1回もない」
中井国家公安委員長「路上キス」事実でない
路チュー中井氏「危機管理問題ない」
「もし諜報員なら」…進次郎氏、中井氏を批判
ハマグリ 週刊新潮 中井洽 を調べる

中井洽氏、知人女性に宿舎キー「貸与」=週刊誌報道、鳩山首相が調査指示(時事通信)
西日本各地で今年初の夏日 大分で29.3度、松山では27.5度 (産経新聞)
<新聞協会>78紙が同じ広告を一斉掲載(毎日新聞)
原爆症申請却下を取り消し=長崎入市の女性−高松地裁(時事通信)
<夫絞殺>容疑の69歳妻逮捕 35年寝たきりの夫に頼まれ(毎日新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 還元率
2ショットチャット
クレジットカードのショッピング枠を現金化
カードでお金
クレジットカード現金化 比較
債務整理
無料携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
無料 ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)
    みっくみく (08/28)
  • 民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)
    ケイコとまなぶ (06/12)
  • 民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)
    にゃん子 (06/04)
  • 民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)
    志波康之 (01/14)
  • 民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)
    カドルト (01/08)
  • 民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)
    オリンキー (01/02)
  • 民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/28)
  • 民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)
    きんちゃん (12/16)
  • 民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)
    ちんたまん (12/03)
  • 民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)
    XXまるおXX (11/23)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM